消費者金融~繰り上げ返済について~

キャッシングを利用する際には必ず返済方法について確認しておかなければなりません。返済方法がいくつか用意されている業者もありますが中には返済方法が限定されているところもあるので、自分にとって返しやすい返済方法が用意されているかどうかをよく確認しておきましょう。

まず残高スライドリボルビング方式というものを採用している業者があります。これは、融資の残高に応じて返済額変わってくるタイプの返済方法です。
初めての消費者金融・初心者ガイド

残高によって決められた金額を毎月返済する形になるので、返済額がわかりやすいというのが大きなメリットです。例えば、残高が30万円以内であれば月々の返済額は1.5万円、更に返済をして残高が10万円となれば、月々の返済額が1万円というように少しずつ金額が変わっていきます。

スムーズに返済を進めるためには返済計画を立てることが大切ですが、リボルビング方式であれば返済計画が立てやすいといえるでしょう。

ただこの方法だと元本の減り方が遅いというデメリットもあります。そのため自分ではスムーズに返済をしているつもりが元本がほとんど減ってなかったというケースもあり得るのです。

これを避けるためにもできるだけ繰り上げ返済を取り入れましょう。繰り上げ返済を行うことにより、効率よく元本を減らしていく事ができます。

注意しなければならないのがキャッシング業者によっては繰り上げ返済をする際に手数料がかかってしまうということ。なかには高い手数料必要とする業者もあるため、効率の良い返済ができなくなってしまいます。

手数料に関することは必ず事前に確認しておいた方がいいでしょう。また、毎月の支払い額を増額して返済できるシステムを取り入れているところもあります。これを利用すれば臨時収入があった月には少し多めに返すなどの返済方法が選択できるので効率よく借金を減らすことができるでしょう。
神奈川県

キャッシングを利用する際には、賢い使い方だけでなく返済方法についてもよく考えた上で利用することが重要です。

返済で注意しておきたいこと

返済について考える際にはいくつか注意しておかなければならないことがあります。まず、必ず返済計画を立ててから借りるということ。お金を借りるということは返済しなければならないということです。

このことをよく考えずとりあえず借りてから返済のことを考えようと思っている方もいますが、それはとても危険なことだといえるでしょう。

返済日は契約時に決定することになります。ほとんどの業者では毎月○日といったように返済日が決められているのですが、中には、○日周期というように少し変わった返済日を設定しているところもあるようです。

このように返済日が毎月変わるようなところはうっかり返済を忘れてしまうこともあるようなので、余裕を持って返済をするなど対策をとりましょう。自分で返済日を設定できる場合、給料日などを考えながら確実に払える日を設定することが大切です。

業者によって返済方法は異なるので、この点もよく確認しておきましょう。例えば、コンビニに設置されているATMを使った返済、無人契約機での返済、インターネットを使った返済などがあります。

複数の方法から選択できる場合もあるのですが、その際には手数料がかからないものを選択した方が入りでしょう。

それから返済について考える際には完済までの道のりについても考えておいたほうがいいです。 今現在、いくらの借金が残っているのかということを常に頭に入れ、完済までにかかる期間や総額を把握しておきましょう。

こうすることにより、余裕がある適用積極的に返済を行ったり無駄遣いを減らすこともできるはずです。

繰り上げ返済などの機能も上手に活用し、お得に返済を行っていきましょう。毎月決められた金額のみしか返済できないと思っている方もいるかもしれませんが、多くの業者ではコンビニATMなどを使って手軽に追加返済ができます。

お金が余ったら返そうと考えてしまうと返済が遅れがちになってしまうので、給料をもらったら、まずは返済を済ませることを考えましょう。

利息の計算はどうすればいい?

キャッシング業者は利息によって成り立っています。そのため、キャッシングなどでお金を借りると必ず利息を支払わなければならないのです。ただ、年利○%と記載されていたとしても自分の場合は具体的にいくらかかるのかがわからず、適当に規約を読み飛ばしてしまった方もいるのではないでしょうか。

この年利は自分で設定することができないので、詳しく知ったところでそれほど意味がないと感じるかもしれません。ですが、具体的な返済額を知るうえでも役立つので、利息の計算方法について知っておきましょう。

計算方法はとても簡単で、利用残高×実質年率÷365日×利用日数です。例えば、30万円を年率18%の業者で借りたとしましょう。これを20日間で返済した場合、

300,000円×0.18÷365日×20日=2958円となります。

つまり、20日後には利息を合わせた金額である302,958円を返済しなければならないということですね。 金額が30万円と多いことも関係していますが、ほんの20日間借りただけでこれだけの利息がかかることになるのです。

そう考えると利息を甘く見てはいけないということがわかるでしょう。また、大きな金額を借りた後に少しずつ返していく方が多いかと思います。

そうなると、「365日×利用日数」部分の「利用日数分」の数字がどんどん増えていく形となるため、利息も膨らんでいくわけです。元金を減らすことができればそれだけ利息も少なくなっていくわけなので、余裕がある月は多めに返済するなどしてできるだけ元金を少なくできるよう努力してみましょう。

大きな金額を借りてしまうと、数年かけてコツコツ返していく方が多いようです。一度借りてすぐ返すつもりが追加でどんどん借りてしまい、数年かけて返しているのに元金かなかなか減らないという方もいます。

そのような状態にならないために、借金の残高や利息について定期的にチェックするようにしましょう。キャッシングサイトなどでは返済シミュレーターを用意しているところもあるので、そういった機能も利用しながら完済までの道のりを考えてみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ