返済の遅延について

キャッシングを利用する場合は毎月滞りなく返済するのが理想です。ですが、月によって収入が少なかったりすることがあるかもしれません。そこで、返済遅延でどのようなこと起きてしまうのか知っておきましょう。

仮に返済が滞ってしまった場合、信用情報機関に事故情報というものが載ることになります。これは返済が滞ってしまったという情報のことなのですが、厄介なことにこの信用情報機関に登録された情報というのは他の業者も閲覧することができるのです。

こういった情報が増えてしまうと、新たな借り入れなどができなくなってしまうため注意しましょう。

催促の流れについてですが、決められた期日までに返済を行わなかった場合、キャッシング業者の方から確認の連絡が入ります。この連絡は電話で行われるところもあれば郵送で行われるところもあるので、どちらも確認しておきましょう。

返済予定日を聞かれた際には、確実に返せる日を伝える必要があります。返済が遅れれば遅れるほど、遅延損害金が発生することになってしまうので、1日でも早く返済しましょう。

絶対に行ってはいけないのがキャッシング業者からの連絡を無視するということです。返済のめどが立っていないなどの理由から電話を無視してしまう方もいるようですが、そのような対対応を取るのはとても危険です。

無視をするということは返済の意思がないともとらえられてしまうかもしれません。当然ながら、そのような状態になればキャッシング業者も早急な対応とることになるでしょう。

電話で返済予定日などについて相談をすれば待ってもらえて期日すら待ってもらえなくなってしまう可能性があるのです。もし、返済日の前に返済が遅れるということが確定しているのであれば、その段階で相談の電話を入れましょう。

ほんの数日遅れた程度ですぐに全額支払うように指示されることはありません。返済日に関する相談に乗ってもらえるはずなので、直接確認をしてみてはどうでしょうか。

ページの先頭へ