銀行カードローンを利用するメリット

キャッシングを利用する時は銀行カードローンか消費者金融を選ぶ事になりますが、消費者金融は借金をたくさん作るというイメージが強いせいか利用するのを避けてしまう人が多いです。キャッシングは言い方を変えると借金をするという事なので、できるだけ安心して利用したいというところがあり、銀行カードローンを勧める人が多いです。

銀行カードローンを利用するメリットとして、まず挙げられるのが低金利に設定されているという事でしょう。銀行カードローンは、上限金利が14~15%に設定されていて、消費者金融の18%よりはるかに低い設定になっています。

金利が低い設定になっているなら、加算される利息も少なく、返済する時の負担を軽減する事が出来ます。しかし銀行によっては上限金利が消費者金融と同じぐらいの設定になっている事もあるので利用する前にしっかり確認しておく必要があります。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収の3分の1以上の借り入れが可能です。また最高限度額も消費者金融より大きいので多額の借り入れをする時にはすごく便利です。しかし便利だからといって借り過ぎてしまうと返済も大変になってしまので自分に見合った借り入れをしていく事が大切になってきます。

銀行カードローンは審査が厳しくて融資可能になるまで時間がかかってしまうと言われていますが、メガバンクの三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンは店舗内に設置されている契約機で申し込めば即日融資に対応してくれます。

キャッシングを利用する時の理想は低金利ですぐお金を借りるという事なので大きなメリットになります。しかし審査に問題が生じてしまったりすると即日融資に対応出来なくなる場合もあります。

銀行カードローンを利用するとこのようにメリットがたくさんありますし銀行という安心感が利用する人の不安を取り除いてくれます。そのためキャッシングをする時は銀行カードローンを利用した方がいいでしょう。

ページの先頭へ